SONY 4K液晶マスモニ BVM-HX310   商品の特長 

 

 

正確な画質表現を追求したソニー独自仕様の新開発液晶パネルを搭載

 

30型4K有機ELマスターモニター「BVM-X300」の画質性能、深い黒と正確な色再現を継承しながら、ソニーならではの液晶ディスプレイ技術で、全白時の高い輝度表現を実現しました。

 

 

 

ソニー独自仕様の液晶パネル及びバックライト技術、新開発のパネル信号処理技術により、正確な 色再現かつ広色域とピクセルひとつひとつが沈んだ正確な黒を再現します。100万対1の高コントラストで、映像を鮮明に表示します。

 

 

 

 

 

ピーク輝度のエリア制限が無く、4K・HDR制作に適した全白時1,000nitsが可能となりました。

 

 

 

 

 

 

液晶表面に施したAR(アンチ・リフレクション)コーティングにより、スクリーン内部からの光の散乱を抑え、4Kの高解像度をありのままに再現します。また、画面の見づらさを生む外光の反射を抑えて、よりコントラストがくっきりと見やすい仕様になっています。

 

 

 

12G-SDI(*)対応

 

ソニーの業務用モニターでは初となる12G-SDI(*)を、入力/出力で各2系統搭載。同軸ケーブル1本で4K信号を入力できます。

 

* 12G-SDIとは、4Kの画像をシリアルデジタル信号として同軸1本のケーブルで、12ギガビット/秒の速度で伝送するインターフェースです。12G/6G/3G/HD-SDIに対応します

 

 

 

Quad Viewモード

 

55型業務用4K有機ELモニター「PVM-X550」と同様の「Quad Viewモード」を搭載。モニターを4分割表示し、各映像に合わせた設定値(EOTF(*)、ユーザーLUT、色域、伝送マトリクス、色温度など)を分割画面ごとに適用することが可能です。SDRとHDRの各映像を同じ画面内で比較できます。

 

Quad View適用設定例

 

* Electro-Optical Transfer Functionの略で、各放送方式における、電光変換関数(電気信号の信号レベルを光に変換する時の関数)を定めたものです

 

 

 

ビデオペイロードID(VPID)による自動設定機能を搭載

 

4K HDRの各種方式(EOTF(*))と、色域やRGBレンジなどを組み合わせた複雑なモニター設定を、ビデオペイロードIDに基づいて自動切り替えすることが可能です。自動設定により、手動による人為的ミスの可能性をなくし、信号情報に基づき適切な設定を行います。

 

* Electro-Optical Transfer Functionの略で、各放送方式における、電光変換関数(電気信号の信号レベルを光に変換する時の関数)を定めたものです

 



 

主な仕様

 

 

 
■ディスプレイパネル
 
   パネル  液晶パネル  
   画面サイズ  31.1型  
   表示エリア  698.0×368.1mm  
   アスペクト比  17:9  
   解像度(H×V)  4,096×2,160ピクセル  
   パネルドライバー  10bit  
   視野角(パネルの仕様)(上、下、左、右)  89度、89度、89度、89度(コントラスト>10:1、Typical値)  
   輝度(パネルの仕様)  1,000nits(Typical値)(*1)  
   有効画素数  99.99%  
       
  ■画像系  
   色温度  D55、D61、D65、D93、DCI(*2)、DCI XYZ、User1〜5(5,000 - 10,000K)  
   カラースペース  ITU-R BT.2020(*3)、ITU-R BT.709、EBU、SMPTE-C、DCI-P3(*3)、Native(*4)、S-Gamut3(*3)、S-Gamut3.cine(*3)  
   伝送マトリクス  ITU-R BT.2020(*5)、ITU-R BT.709  
   EOTF  2.2、2.4、2.6、CRT、2.4(HDR)、S-Log3(HDR)、S-Log3(Live HDR)、S-Log2(HDR)、SMPTE ST 2084、ITU-R BT.2100(HLG)  
       
  ■入/出力系  
   SDI1入力  BNC(3G/HD)×4  
   SDI2入力  BNC(12G/6G/3G/HD)×2、BNC(3G/HD)×2  
   HDMI入力  HDMI(HDCP2.3/1.4)×1  
   シリアルリモート  RJ-45×1(10BASE-T/100BASE-TX)  
   SDI1(モニター)出力(*6)  BNC(3G/HD)×4  
   SDI2出力(*7)  BNC(12G/6G/3G/HD)×2、BNC(3G/HD)×2  
   音声モニター  ステレオミニジャック×1  
   ヘッドフォン  ステレオミニジャック×1  
       
  ■一般  
   電源  AC100 - 240V、5.1 - 2.1A、50/60Hz  
   消費電力  約450W(最大)  
   質量  約30kg  
   動作温度  0 - 35℃(推奨使用温度20 - 30℃)  
   動作湿度  30 - 85%以下(結露のないこと)  
   外形寸法(幅×高さ×奥行)  778.0×519.5×230.0mm  
       
    *1 D65設定時  
    *2 DCI:x=0.314, y=0.351  
    *3 色域のRGB色度点は完全に包含されていません  
    *4 BVM-HX310独自の色度点です。BVM-HX310として最も広色域のカラースペース設定です  
    *5 非定輝度に対応します  
    *6 SDI1とSDI2のスイッチドアウトです。但し、SDI2に3G/HD信号が入力されている場合に限ります  
    *7 スルーアウトです  
    ※上記仕様は発表日時点の情報です。最終仕様と異なる可能性がありますので、あらかじめご了承ください