2019.02.26

SONY  BPU-4000   ソフトウェアV4.11 に更新致しました

 

 

 

Version 4.11で更新された主な機能

 

 

【新機能】

1. Live HDRモードかつHD HFR(2x~6x)時において、HDRの標準速同時出力機能を追加しました。


HDR MODEがLive HDR 設定時、HD HFR フォーマットにおいて、SLOT2のSDIOUT7-8からHDR標準速を出力することが出来る機能です。


メニューの<CONFIGURATION><OTHERS>のHDR NORMAL SPEED OUTをONにすることにより、この機能が有効となります。

 

 

 【ご注意】 この機能を有効にすることができるのは下記の設定時の時になります。
   ・CHU MODEがHDC4300/HDC-P43
   ・SYSTM FORMATが1920x1080 (2x~6x)
   ・HDR MODEがLIVE HDRであり、SLOT1/2のOETFがSDR以外

 

 

この標準速出力機能を有効にすると、SLOT2 のSDI OUT7-8 からHDR の標準速映像を出力することが出来ます。例えばHD(6x)の時は下記のように出力されます。 

 

 

【修正機能】
1. SYSTEM FORMATが4K 2倍速及び、CCU FORMATが720P時にも、CCU出力と位相が合うように修正しました。


2. HDC4300接続時におけるAuto Hue実行後に正しい位置にGate表示されるように修正しました。

 

3. SYSTEM FORMATが4K 2倍速かつHDR MODEがNORMAL時に、SDR Gain設定が反映されないように修正しました。

 

 


【補足】

CNU-700との組み合わせた際に、下記のような制限事項があります。

 

CCU Formatが4K、パネルのDetail選択の4K DTLが未選択の時には、CNU-700のDATAページにカメラ調整値(KNEE, APT, DTL LEVEL, DTL LIMITER, DTL CRISP)は反映されません。